とんぼ玉 vol.番外 【 ガラス製 マーラー 】

チベットのアンティークは、本当に高価。
それは、文化に対するリスペクトはもちろんのこと、
需要と供給という資本主義の原理に基づいているのです!

私はチベット関係は門外漢なので、いつも勉強させてもらってます。

そして数珠を組むのにはまってしまってから、
どうしても欲しくなったのが、ガラスの数珠です。

やっぱり私が持つならガラス!

以前、見せていただいたのがとてもすてきで、
でもお値段のこともあるしどうしよう?
と、ひとりぐずぐずしているうちに sold out 。

日本の古い数珠もあったんだけど、日本のはどうも様式的でね。

あきらめきれず、【eBay・セカイモン】では・・・と張り込み。


【ガラス製 マーラー】

tombo2019_09_021

素朴でかわいいマーラーです。

セラーさんの説明では、1970年代 に収集したそう。
少なくとも40年以上たってるので、ビンテージは十分。

その時代は、チベット物も、まだとんでもない値段ではなかったはず。
なので、とても安価で譲っていただけました。


tombo2019_09_022

8mm の 102珠。
中国製だとみています。


tombo2019_09_023

グラスコーラルに樹脂かな?
イミテーションアンバーだと思う。


tombo2019_09_024

グル玉はコンクシェルとボーン。


tombo2019_09_025

こちらのカウンターのコードは、染めた麻紐っぽい。


tombo2019_09_026

こっちのカウンターは少し時代がありそう。
ガチガチにかたまった革のコード。


tombo2019_09_027

マーカー?


さて、ガラスビーズとしては。


tombo2019_09_028

筋を入れて蜜柑玉にしてますね。


tombo2019_09_022

まん中が膨らんだそろばん型に加工されています。
珠を繰るときの指のおさまりがよくなります。


tombo2019_09_032

反射がふんわりと、山部分がシラーのように見えるのもすてき。


透明なガラス玉はやっぱり別格!

tombo2019_09_030

ビーズとしても魅力的!
ガラス本来の美しさを堪能できます。


マーラー は自分仕様にする楽しみもありますよ。
シンプルなので、カスタマイズするのにちょうどいいです。

通している麻紐が切れそうだから換えないと。
珠を足して、アクセサリーをつけようかな!


tombo2019_09_031

ガラスってだけで私には正義!!




関連記事

コメント

非公開コメント

mayahuel

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ