とんぼ玉 vol.80 【 琥珀 】 あれこれ

【セカイモン】から年末落として、先日届きました。


【バーマイトの大玉】

バーマイトは、ビルマで採掘される琥珀。
琥珀の中でも古い白亜紀のもの。
他の琥珀よりも硬いです。

そして、なによりの特徴は。

青く蛍光すること!

っで、このこは【バーマイト】ですよ!って出品されていました。

ビーズの世界では知られている、ミゾラム・アンバー もバーマイトでしたよね。


ほんとかよ?

と思いながら、気になるものは落札です。
ビーズは本物もフェイクも実物を手にしてなんぼ。
失敗してなんぼのものなのだ!


じゃん!

tombo2019_01_35

どれも 20mm を超える大玉。


まず、琥珀なのでしょうか?

これは、静電気テストは OK でした。
飽和食塩水も作ろうかと思ったけど、面倒なのでやめました。

手に取ってみて、琥珀だろうと思ったから。

インクルージョンもかなり。
クラックもそれなり。

工具で削った跡があるけど、面取りしたような箇所もある。
原石からの削り出しだと想像できます。

よく見るといびつ。洗練された感じはしません。
このことから、時代は、ちょい古。戦前はあるかな?
と思いました。

プレストかどうか心配だったけど、この様子では大丈夫みたい。

琥珀であってもバーマイトなのか?・・・は信じましょう!

色は、レッド系とオレンジ系。
バーマイトらしい色ですね。

tombo2019_01_36

きれい!

ということで!!


【バーマイトとコンクシェルのネックレス】

tombo2019_01_38

ペンダントとネックレスに組みました。

昨年、台湾で購入したコンクシェルビーズです。
コンクシェルは想像した通り、それほど古いものではなさそう。
おそらく、インド製。 ナガかもしれません。


ペンダントはシンプルに。

tombo2019_01_39

オレンジのバーマイトを使用。

tombo2019_01_40

アクセントに古いブラスビーズとジャワの古代玉。


ネックレスはボリュームをもたせました。

tombo2019_01_41

レッドのバーマイト。

tombo2019_01_42

シェルパコーラル。

tombo2019_01_43

ジャワ。

ネックにあたる部分は、ペキンのシード。
黒に見えますが、極濃の赤紫も混ざってます。


tombo2019_01_44

民族風のすてきなネックレスになりました!


さて、検証してみましょうか。


バーマイトの蛍光性です。

さすがに、冬の太陽光で蛍光する品質ではありません。

tombo2019_01_37

よーーーく見ると、ハイライトがふわっと青みを帯びてるくらい。


比較に、こんなのを用意しました。

tombo2019_01_46

小玉のビーズもバーマイト。

ブラックに乗せているのでわかりにくいですが、
カラーは、イエロー系とグリーン系。

勾玉は、ドミニカ。


UV-LED を当ててみます!


tombo2019_01_48

小玉の方がブルーが強いですね。
今回のこたちはブルーグリーン。

これが、質の差なのかカラーの差なのかは不明です。


tombo2019_01_47

このドミニカは、グリーン。


そして。

ブルーアンバーといわれる琥珀だけが蛍光するわけではなく、
どの琥珀にも蛍光するものはあります。

もう一つ検証!


【アンブロイドのネックレス】

tombo2019_01_49

センターは、李朝の服につけられていたボタン。

とってもきれいです!

アンブロイド【練り琥珀】というお話しでした。

tombo2019_01_50

人工着色だけど、なんともいえない赤です。

tombo2019_01_51

奥から湧いてくるようにみえるのは、
ベースが、琥珀だからなのかな。

製造国はどこなんでしょうね?
ヨーロッパかロシアですかね??

穴周りの加工は現地っぽい。
このラインがあるから、
穴のラインもやわらかく映って見えますね。

人工物だからこその妖しい魅力です!


ネックレス部分は、別に購入したもの。
素材は不明だけど、トップのアンブロイドにぴったりです。

tombo2019_01_52

おそらく、ビンテージのコスチュームジュエリー。

tombo2019_01_53

トップと同等に見えるから、もしかしてこっちもアンブロイド?


UV-LED いっちゃいましょう!


tombo2019_01_54

これが・・・。

tombo2019_01_55

アンブロイドの方は、蛍光しましたね!

ただ、バーマイトは内側から浮き上がってきますが、
アンブロイドはぺったりと全体が蛍光しています。

いかにも、練ってある感じ。

ネックレス部分のビーズに注目して。

同じように見えてもこちらは蛍光しません。
琥珀の可能性は少ないでしょう。

たぶん、ベークライト(プラスティック)かルーサイト(アクリル)なんじゃないかな。

「なんだ、フェイクじゃん。」

と言わないで!

ビンテージ・アンティーク素材として、
ベークライトもルーサイトも確固たる地位があるのです!!


いろいろ面白い【琥珀】です。


tombo2019_01_45




関連記事

コメント

非公開コメント

mayahuel

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ