メキシコ・ユカタン周遊 2018 vol.15 【イサマル】

9月 19日

今日は少しゆっくりの 6:30 出発。


少し走って、ここがおいしいと ナチョのおすすめ。

2018mex_0919001

2018mex_0919002

2018mex_0919003

公園脇の屋台です。

2018mex_0919004

ほーんとおいしい!

2018mex_0919005

この旅行一番のタコスでした!!


8:00。

SAN ANTONIO DE PADUA【サン・アントニオ修道院】

2018mex_0919006

イサマルの象徴の修道院ですね。


マヤの神殿の基壇の上に建ってます。

2018mex_0919007

修道院も町も神殿の石が使われました。


2018mex_0919008

残っている基壇。


たくさんの壁画が描かれています。

2018mex_0919009

2018mex_0919010

興味深いのは、マヤのブルーと赤を使っていること!


2018mex_0919011

2018mex_0919012

先住民と。


2018mex_0919013

2018mex_0919014

征服者。


シンプルできれい。

2018mex_0919015

2018mex_0919016

礼拝堂のヴォールト。


マリアのステンドグラスの両脇に。

2018mex_0919017

マヤのモチーフが添えられています。


お彼岸に入ってます。

東から日が昇る。

2018mex_0919018

マヤの神殿もこんな光景だったはず。


KINICHI KAK MOO【キニチ・カック・モ】

2018mex_0919019

2018mex_0919020

ぜーんぶ、基壇。


2018mex_0919021

ずーっと上っていくと。


2018mex_0919022

円形の神殿。


2018mex_0919023

絶景!


ここや修道院、残存する遺跡も巨大。

2018mex_0919024

大きなセンターだったことがうかがえます。


チョルーラと同じですね。

スペイン人が来た当時、栄えていた都市は破壊されました。

すでに【遺跡】になっていた都市は残ったということです。


9:00。

チチェンに向かう途中。

CHIHUAN

2018mex_0919025

セノーテでクールダウンします!


昨年のセノーテとは違い、ローカルなところです。
脱衣所とライフジャケットの貸し出しがあるだけ。

もともと井戸があった。

セノーテあるんじゃね?

って、掘ったらありました!

ということだそう。


2018mex_0919026

のんびりと入れるいいセノーテでした。


12:00。

遺跡の手前でお昼です。
場所の名前は失念しました。

2018mex_0919027

よく来る観光客用の大型ビュッフェです。

ここにもセノーテがありますよ。

こちらは、人工的に演出されたセノーテ。

植物も演出。 落水はポンプで汲み上げてます。


2018mex_0919028

そんなもんだって!




関連記事

コメント

非公開コメント

mayahuel

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ