Win・Mac 四苦八苦 その2 【ユーザー辞書が出てこない!】

【つづき】


「変換候補に出てこないぞ!」

えええー、そういわれましても? ぜんぜん??

「出るのもある。」

まじで? なんなんでしょう? かんべんして。
ちゃんとインポートできたのに。
そんな不機嫌にならないでください。
まったく、1mmも私のせいじゃないけど、ごめんなさい。

乗りかかった船です。 内心、わくわくです。
さあ、検証しようではありませんか!

もう一回いいます。 検証、大好きです!!

「出さぬなら、出させてみせよう」です。

意地でも出してさしあげましょう!!!


原因は、打ち込む文字と登録した入力文字が、
一致しないとみなされてるってことですよね?

出てこないのは、たとえば、

【また、よろしくお願いします。】

みたいな感じです。

出るのは、

【ありがとうございました。】

みたいな?

出る方の入力文字は【あ】。

出ない方は、ローマ字入力【m】。

???

どう考えても、アルファベットがあやしい。
でも、なにがいけないんだろう?
それしか入力のしようがないじゃんか?!


元のデータを開いて、凝視!

んんんー! なんと!!

これは・・・【m】じゃない、【m全角】だ!!!

Win での書き出し、
ローマ字入力のアルファベットが全角になっているではないか!


絶対、100% これでしょ!


おそらく。

ローマ字入力で、【a】と打てば【あ】と表記される。
【あ】で辞書が登録される。 あたりまえですね。

【またー】を1文字で候補が出るように【m】で登録するとき。

Win 側では、
ローマ字入力で【m】と打つと、【m全角】として登録。
(これは、辞書をつくる側の問題かもしれません。)

一方、Mac 側では、
ローマ字入力の【m】は【m半角】でないと認識されない。

ということなのでは?


どれだけの文字がどこに使ってあるかわからないから、
26文字・・・すべて半角に置き換えさせていただきます。


どうよ! これで!!


「おー出る出る! できるじゃん。」


それは・・・そうです。 そうでしょうとも。


とにもかくにも、よかったです。
ご満足いただけましたでしょうか?
これからいっぱい変換してくださいな。


ほんとに、やってみなければ知らなかったことだらけです。


ひとつお利口になった気分です!!


BB&FF_02

※ 写真のない記事がさみしいので・・・。




関連記事

コメント

非公開コメント

mayahuel

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ