とんぼ玉 vol.25 【 スカル&クロスボーンのチョーカー 】

オリジナルかリプロか? と自信がなかった玉です。


昨年、オークションをウォッチしていたところ、
あるセラーさんが、リプロを出品されていました。

もちろん、堂々とリプロとしての出品です。
よかった、写真だけだけど比べてみましょう!

コメントによると、チェコで一度だけの限定で作られたそうです。
それが正しければ、リプロであれば、すべて同じであるはず。


スカル&クロスボーン_03

写真でもガラスの質感が違うのがわかるでしょうか? (左・リプロ)


一番の違いは、モチーフの描き方です。

スカル&クロスボーン_04

アイや黄色の葉の部分が、チェコ製は簡単に描かれています。 (上・リプロ)

私のは、ベネチアでよさそうですね!


【スカル&クロスボーンのチョーカー】

スカル&クロスボーン_01

上下に悩みましたが、スカル&ボーンが見える方が上に。
ドロップさせたかったので、工夫してみました。

一粒で抜群の存在感だから、シンプルに!


スカル&クロスボーン_02

つなぎは、白黒のベネチアンシード。

このシードがですね・・・極小だったんです。

穴が、0.5mm前後しかないので苦労しました。
穴が細い場合、ネックレス用糸だと重い玉には強度が不安だし、
どうしても、伸びたりほつれたりしちゃう。

たぶん、ナイロンコートワイヤーにするのが普通なんですよね。
でも、これは私の環境がわるいのか、ワイヤーがすぐ腐食しちゃうんですよ。

ボロボロってくずれちゃうのはなんでだろう?

オーダーで組んでもらったものなんかは、今でも丈夫なのに・・・。

ワイヤーの種類が違うのだとは思うけど、
ビーズショップでは、同じナイロンコートワイヤーしか売ってないですよね?

丈夫で細い糸は・・・と探したり試したり。

今は、革の手縫い用ワックスコードに落ち着きました。

番手も数種類あり、一番細いのは、0.5mm!
たいていのビーズだったら、がんばって通すことができます。
さすが革用、丈夫で伸びもすくないみたい。


ということで!
一年越しに、とってもかわいいチョーカーです!!





関連記事

コメント

非公開コメント

mayahuel

ブログ内検索

カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ