メキシコ・ユカタン 2014 vol.15 【お土産の巻 その3】

ウシュマルのこの風景。 実は、お土産屋さんです。


2014mexico_0918_01

ウシュマルの入り口近く、眺めが抜群。

前回も立ち寄ったので、
私たちがお願いしてるエージェントとは提携しているようです。

オヤジがひとりなんだけど、この人、クラフトマンです。

店前には、
ヘンテコなコンクリート製大型オブジェが並べてあります。
地元の人たちの溜まり場にもなってるみたい。

前回買ったのは、これ。

2014mexico_09gift_09

2014mexico_09gift_10

しっかりして出来のいい彫りですね。
あのオブジェとは大違い!


2014mexico_09gift_11

裏にサイン。 値段は、300ペソ(約3000円)と高め。


このとき、

「ジャングルで大蛇をつかまえたんだぞ!」

って、3m 以上はある皮を見せてくれました。
なかなかユニークなオヤジです。


商品はすべて、オヤジの手作り。
石のアクセサリーや木彫り、焼き物、瓢箪のカップ、
ミニサボテンなんかも売ってます。

植物もいっぱいそだててる。
このチャヤもそうです。

2014mexico_0918_02

「持って帰る?」

って、検疫で捕まっちゃうじゃん。


こんなクラフトショップですが、
ここの本当の目玉は、ハチミツなのです。

そうです。 蜂も飼ってます。
ポリの滴瓶(5~10ccくらい?)に入れて、
数十ペソ(容量によって違う。)と意外にお高い。

このハチミツ、食べるためではありません。
民間薬なんですね。

喉が痛いときや皮膚病はもちろん、白内障に効くんだそうな。
これを求めて、地元の人たちだけでなく遠方のマヤ族も訪れます。

私たちのドライバーさんも常連で、
奥様の目が回復してきているそうです。

(※試すときはお医者さまに相談してね。
きっと、ダメって言われると思うけど。)

舐めてみると、これがさわやかで美味しい!

薬になるのも、蜂が集める蜜の植物に由来するのでしょう。
なんの花だろう? 興味深いことです。


ところで、
メキシコ各所でたくさん売っている石のアクセサリーに、
伝統の翡翠を使ったものがあります。

遺跡で発見される翡翠は、
グアテマラのモタグァ産の硬玉だと考えられています。

現在のお土産もおそらくそうです。
(近頃は、中国産の軟玉も混じってるらしい。)

グアテマラ翡翠は、私たちがイメージする宝石質のものではなく、
石自体の金銭的価値はないといっていいでしょう。
パワーストーンの類だと思って買ってくださいね。

大抵の翡翠商品は、このヘッドのように不透明で全体的に斑模様です。

2014mexico_09gift_13

色は多彩で、磨くとピカピカ。
それはそれでステキなんですけども・・・。

私の欲しいのは、マヤの王がつけてるようなビーズなんだ!


そして、ヘッドを繋いであるのが・・・。

2014mexico_09gift_05

上質のインペリアルカラーの入った翡翠ビーズです!


2014mexico_09gift_06

ビーズっていうのも稀少、そのうえ古代さながらのオヤジの手削り。


探し続けてみつけました! ここにあったんだ。

店の片隅に数本かけてあった。
値段は・・・2000ペソから、大粒は問題外・・・。

この手の商品は、積極的にセールスしないのが常套です。
私が見てるのに知らんぷり。
本当に買う客なのか品定めをしてるんですね。


いや、買うつもりだけど、日本円で2万はやっぱり高いよ。
一応、聞いてみましょう。

「半分だけ売ってくれない?」

オヤジ。
※口調は、オヤジの意を酌んでの表現です。

「ばっかじゃねーの?

この質のを探して削ってそろえるのに、
どんだけかかってると思ってるんだよ!

一粒でも高いんだぞ!
バラしたらもう、そろわないんだよ!

素人は安物でも買っとけ!!」


私(の心の声)。

「わかってるから聞いてるんだよ! 高いんだよ!

大体、街のジュエリーショップならいざ知らず、
こんな怪しげな土産屋でだれが何百ドルも出して買うかよ!

実際、売れてねーんだろ? 売れよ!!」

ってな気持ちは・・・もちろんしまっておいて。

「OK、ドルでいくら?」

「165ドル。」

「150ドル!」

「OK!」

一番手頃な、2000ペソを買いました。
同行のメンバーの女の子は、
なんでそんな石を高く買うのかと不思議顏です。

だって、これは本当に手に入らないんだもん!

2014mexico_09gift_07

ステキ!


私の腕で恐縮ですが、

2014mexico_09gift_08

太陽の色に焼けた肌によく映えます!


このようなクラフトオヤジは、世界中にいます。
決まって、一番いいものは自ら身につけているものです。

やっぱり! 首にはそれこそ、
お前はパカル王か!
っていうほどの彫刻入りの大玉をかけてます。


オヤジがシバルバーに行く前にまた買いに来たい。
もっと作っておいてくださいね!


ウシュマルでの夕食のあと、
ここで車を降りて星空を眺めました。
久しぶりに天の川をみました。

とってもステキな場所です。


オヤジは・・・。

店先のハンモックから、
うるさそうに私たちをちょっとだけ見て、
また、寝てしまったようです。


幸福ってあるんだろうな。

2014mexico_09gift_12




関連記事

コメント

非公開コメント

mayahuel

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ