iPadだよ!【123D Creature】お人形さんの巻 リベンジ!

先日のお人形ですけど、けっこう上手にできたとは思うのですが・・・。

顔がやっぱり、いまひとつ納得いかなくて、リベンジです。
ボーンはあえて同じもの。 あごだけちょっとたしました。


123d_creature_花の妖精21

ボーンのクリーチャー感がましてますね。 右のようになりましたよ!

3Dのモデリングをしていて、気をつけることは、造形がきちんとなりたっているかということです。
確認のために、ときどきレンダリングしてみるといいです。


123d_creature_花の妖精22


陰影を見ますよ。 影に違和感がなければ大丈夫。
モデルから光がもれていたら、ポリゴンが破綻しています。直しましょう。
今回は、ポリゴン量のギリギリを攻めてるので、少しの破綻は見逃しました。

あたりまえのことだけど、いちばんむずかしいのが、
どの方向から見てもそのものに見えるかどうかってこと!

これがねぇ・・・なかなかうまくいかないんですよ。
人型の場合、正面と横でちがう人??ってなりがちです。
とくにキャラクターなんかは、どうしても2次元のイメージだから、
3次元に展開するには、ちょっとだけ構成力が必要だと思います。


123d_creature_花の妖精23

123d_creature_花の妖精24


【薔薇の花の妖精】です!

123d_creature_花の妖精26

プロポーションがよくなったでしょ!
頭部とドレスのために、脚のポリゴンを犠牲にしてます。
よく見ると、ボコボコとしてますね。

でも、これでどのくらいのポリゴンを使うのか目安ができました。
人型の基本ボーンが作れるな! かなり大きくなりそうです。


123d_creature_花の妖精25

あごのラインをだすことができました。 頭は薔薇になってます。

今回は、付属のレンダリング結果を載せてみます。


123d_creature_花の妖精27

いちばんまともそうなのが、こんなだから・・・。 え〜・・・バックはあとでつけました。

じゃあ、思いきって!


123d_creature_花の妖精28

しっかりモデリングすれば、強いエフェクトをかけてもちゃんとかたちがあらわれます。


次のアップデートがあるなら、ぜひ、レンダリング機能強化も検討して下さい!




関連記事

コメント

非公開コメント

mayahuel

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ